So-net無料ブログ作成
検索選択

新型SUBARU XV [車]

先日、グローバルプラットフォームを採用したインプレッサに試乗した。
正直、300万円前後の車両で500万円台のドイツ車と互角のロードインプレッションを味わえたのには驚いた。
従来のスバル車は性能こそはドイツ車を遥かに超えるのだが内装の質感やロードインプレッションが残念な状態でした。
・・・という事でSUVが好きな私が待ちに待ったXVは期待大です。
(まだ試乗は出来ないので見た目の印象をレポートします)
IMG_0345.JPG


最低地上高200mmは未圧雪道を走ることが多い人には必須条件です。
ルーフレールはOp扱いです。
IMG_0344.JPG
後席はレッグスペースも充分ですね~(ちなみに運転席を168cmの私がスポーツドライビング・ポジションにセットした時の状態がコレ)
IMG_0348.JPG
センターコンソール部分のトランクスルー機能は、ドイツのSUVではあたりまですが、スバルは残念な6:4分割シート。
IMG_0347.JPG
後席を倒し得られるラゲッジスペースは1450mm程度(奥行)。
車中泊を想定している人は、前席を一番前にスライドさせると約1750mmの空間は得られるがラゲッジスペースに板を敷かないと肩から上が空中に浮く(笑)
IMG_0346.JPG
最上位クラスの皮シート2.0i-Sで税込2,926,800円(有料色)これにOpのナビやその他を装備しても330万円。
これでEyeSightが装備された車両が手に入るとなると安いかな。

前席は質感がグンと上がり、各スイッチ類もグローブをしたまた操作できるSUVでは当たり前の操作性を実現している。
山岳路や雪道を走るのが愉しくなりそうですね!
IMG_0349.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0