So-net無料ブログ作成

三都物語 最終章 パリ街歩き4 [旅行]

つい来ました~
世界三大美術館 私の人生で2番目の美術館訪問となるルーブル
とにかくスケールが段違いですね!
IMG_1221.JPG正直、美術館にはあまり興味がなく見学の予定はありませんでした。
しかし、帰国日の7/14はフランス革命記念日。
この日はルーブル美術館が無料開放されるというので、フライトの時間まで余裕があるので行ってみる事になりました。
それにしても広~い!
図1-001.jpg
P7140639.JPG
メインの入り口は、めっちゃ混んでいたので他の入り口を目指したら案の定
ほとんど並ばずスムーズに入場できます。
セキュリティチェックで若干並びますがスムーズです。
P7140641.JPG
今年の正月TV特番で、南海キャンディーズがMCを務める番組を見ていたのでポイントを効率よく見学出来ました。
P7140654.JPG
そもそもこの建物は城だったので、当時、英国の侵略を防御する為に濠が造られたという・・・近年発見されたそうです。
P7140652.JPG
アフロディーテ、通称ミロのヴィーナス 
引用:http://www.louvre.fr/jp 紀元前100年頃に制作されたものと推定されるミロのヴィーナス
P7140644.JPG
ドラクロワ 1830年7月28日:民衆を導く自由の女神
P7140659.JPG
想像していたよりも絵がデカい
超広いので休憩しながら回らないと大変です。
P7140662.JPG
サモトラケのニケ
P7140672.JPG
P7140676.JPG

ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠
P7140671.JPG
カナの婚宴
P7140683.JPG
タニスの大スフィンクス
P7140650.JPG
天井や壁、全てに装飾が施されている。
美術品よりも圧倒される建造物です。
P7140664.JPG
オダリスク、通称グランド・オダリスク
P7140670.JPG
それぞれを見ていたら2~3日は必要です。
この通路の脇にも部屋が有って展示場になっています。
見取り図を読めないと迷子になります。
P7140680.JPG
フランチェスコ・デル・ジョコンドの妻、リザ・ゲラルディーニの肖像
モナリザ
P7140688.JPG
エジプトのサッカラから出土した『書記座像』。石灰岩と化粧漆喰による彫刻で、紀元前2600年から2350年頃の作品と考えられているそうです。
今から4500年以上も前にこれだけの文明があった事に驚きですね。
IMG_1284.JPG

今日、7/14のパリ祭はシャンゼリゼ大通りでパレードが行われます。
ホテル前のボン・ヌフ橋では西行きの車がチェックされています。
とっても可愛いポリスだったのでパチリ。
P7140616-001.JPG
ポン・デ・ザール橋からホテル方面を見たところ
真中がシテ島とボン・ヌフ橋
IMG_1311.JPG
思いがけず、パリ祭のデモ飛行(次のパートで紹介します)も見れて、ルーブルも見学でき充実の最終日でした。

さようならドゴール空港そしてパリ!
P7140013.JPG


フランクフルト、バルセロナ、パリ
2週間の三都物語 最後までご覧頂きありがとうございました。
フランクフルトはビジネスな街
バルセロナは超刺激的な街
パリはお洒落な街
海外旅行はほんと癖になりますね。
でも私はやはり南国リゾートホテルでマッタリか
都市ならマンハッタンが好きです。
来年のマンハッタンを目指し頑張るぞ~
いやローマもまだだしな~

今回の宿
フランクフルト エクセルシオールホテル
バルセロナ エキスポホテル
パリ シタディーヌ
いずれもHISが一番安価でした。



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0