So-net無料ブログ作成
ソウル ブログトップ

韓国土産? [ソウル]

海外に行った時は必ず立ち寄るCDショップ。
円高の今はもっともチャンスではないでしょうか[手(チョキ)]
ということで今回は韓国の大型書店の教保文庫のCDショップを覗いてみました。
anzenchitai3.JPG
このビルのB1Fにあります。
この交差点までは金浦空港から地下鉄9号線に乗れば約35分で新論峴駅(2010年10月現在の終点)に到着します。ちなみにThe Ritz Carltonはこの交差点近くにあります。
また工事が進めば1泊目のCOEXまでつながります。

anzenchitai1.JPG
anzenchitai2.JPG
何を購入しようかと物色していたら日本コーナーがあったので見ていると案の定安い。
日頃から日本のCD価格に疑問を感じていましたが、ここに来てそれは怒りに変化しました。
この安全地帯XIの日本価格3000円がご覧の通り15300ウォン(1121円)。
日本のCDショップで洋物の輸入版が1500円~2000円で販売され
訳詩を付けてライナーノーツ付きという理由(確かそんな言い訳を以前聞いた)で
国内版は2500円~3000円。
なんだか騙されているようです。
この安全地帯のCDには韓国語の訳詩が着いて日本語の歌詞カードが付いて前述の価格です。
TPP早いこと締結してくれ[ちっ(怒った顔)]

おっと話が横道にそれました。
このCDは既に今年5月に安全地帯の11枚目として発売された玉置さんの作詞作曲アルバムです。
彼の楽曲には一人の女性がいつも居てその人への想いが色濃く感じられる歌詞があり
とっても切ない気持ちになったり、そうそうそれが幸せだよねって感じたりできる
今回もとっても素晴らしいアルバムです。

ウォン安の今は韓国で日本製品やブランドを購入するチャンスかもです。。。


なんちゃってカントリー第二弾 [ソウル]

1年半ぶりのソウル[手(チョキ)]
また相棒とはホテルで合流です。
今回はCOEX InterContinental Seoulに1泊と
前回と同様にThe Ritz Carltonに2泊、3泊4日のソウル旅行です。

COEX InterContinental Seoulにはクラブフロアが無いのでビジネスルームにしました。
しかし部屋は今風でモダンでFaxも完備しているのでビジネスマンには最適、
そしてお風呂も良いし、朝食もまぁまぁだよ。

我々は風呂好きなのでデカイ風呂とサウナのどちらかが無いホテルには泊まりません。

そしてThe Ritz Carltonにはクラブルームがあるのでクラブフロアを予約しました。
クラブルームには軽食やケーキそしてアルコールがありいつでも無料です。
WiFiも無料でつながります。
当然ながらサウナ、大浴場、フィットネスセンターも無料です。
(シューズは有料なので利用される方は忘れずに!)
我家は「無料」に眼がないのです[わーい(嬉しい顔)]
フィットネスセンターで基礎代謝を上げてから食べ歩きすれば肥満防止にもなるからね[手(チョキ)]

ちなみに私の目的はグルメと探検(掘り出し物探し)です。
グルメは相棒のサイト(ちなみに今回の一番は生のワタリガニ料理でした)で見ていただく事とし
私は勝手な視点で捉えたソウルをご紹介します。

今回、一番驚いたのは街がとってもキレイになった事とHYUNDAIがもの凄くカッコよくなった事。
hyundai.JPG
このSUVが2000ccで180馬力で2929万ウォン(2,145,715.00円)です。
HYUNDAIの営業所があったので展示車を見てみましたが日本車の同クラスよりも100万円は安い。
セダンのショットは撮りませんでしたが某国産よりもスタイリングは洗練されてきたかな。。。
  (アメリカ人好みのデザインだと思います)
価格とスタイリングだけで購入するユーザーが多い日本では脅威かも[がく~(落胆した顔)]

そしてソウルと言えば皮製品[手(チョキ)]
最近は日本の外注丸投げTV番組でも数多く取り上げられているので訪れる邦人も多いらしいこの店。
今回は息子から頼まれたライダーズジャケット(昨冬からの流行らしいが)を探しにやってきました。
jacket shop.JPGjacket.JPG
色々と試着し値切りにネギって購入。
外資のファストアパレルブランドの1/2です[わーい(嬉しい顔)]
襟の部分にはワイヤーが入っていて襟の立ち加減を自在にアレンジできるところが気に入りました。
(息子は気に入ってくれたみたいです)

ソウルに限った事ではないと思いますが地下通路や歩道は常に商売の場所。
許認可制度はどうなっているのか分かりませんがこれはさすがに認可は取っているのでしょうね。
食べ物の屋台がとにかく多いのです。
こんな小奇麗なKioskでも売っています。
KIOSK1.JPGKIOSK3.JPGKIOSK2.JPG
そしてソウルに来たからには、先の東大門市場とここ南大門市場には足を運ばないとね。。。
nandaimon1.JPGnandaimon2.JPG
ここに限った事ではありませんがどこでもコピー製品は売っています。
そうです「完璧なニセモノ」です、『おにいさん、完璧なニセモノありますよ中で見せますよ!』
ちなみに、とあるブランドの商品があるかどうか聞きましたが、売れ筋はヴィトンらしく、
日本人には売れないから製造していないと言っていました。
こんなところでもマーケティングは出来ているのですね。。。[ふらふら][手(チョキ)]

羽田空港国際線ターミナル [ソウル]

先に行っている相棒を追いかけて新羽田国際線ターミナルにやってきました。
空港までのアクセスは。。。
モノレールか京急かで迷ったのですが、あっ確か京急は往復割引キャンペーンがあったと思い出し
品川で乗り換え窓口でeチケットを見せ、「羽田国際線ターミナル往復1枚お願いします」。。。
駅員さん、「キャンペーンの対象は国内線のみなんですよ~」。。。ガクゥッ[がく~(落胆した顔)]
さて、京急とモノレール、所要時間は互角、どちらに軍配が・・・[exclamation&question]
JRの乗り換えでは京急(品川)、羽田国際線ターミナルからチェックインカウンターまでのアクセスではモノレールに軍配があがります。
モノレールの改札を出るとそのままチェックインカウンターですからね[手(チョキ)]
monorail.JPG
(上の写真の車両は上りです)
gate.JPG
羽田国際線ターミナルを降りると直ぐに改札です、ここを出ると直ぐにチェックインカウンターです。
TVで何度も放映されていましたが、歩いて2分程度です。完全にフラットで楽々です。
checkin.JPG
CLICK Check-inサービスを使うと優先窓口でチェックインと手荷物預けが完了します。
預ける手荷物がない人は、チェックインカウンターに行かず保安検査場に直行できます。
一昔前までは何時間も前に空港に行き、チェックインカウンターでは何十分も待たされ、
また搭乗時間まで待たされてって感覚がありましたが、今はまるで電車に乗る感覚です。

まだオープン当初ということもあり、空港の見学者の方が多いように見受けられます。
それもその筈です、遊びに来ても面白いかもよ[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]
美味しそうな食べ物屋さんや楽しげなお土産屋さんがいっぱい。。。
思わず私も「面白てぃしゃつ屋」のディスプレイに眼を惹かれゲット[exclamation×2]
samurai1.JPGsamurai2.JPG
どうでしょうか?
ロンTですが袖丈も8~9分程度で初夏や初秋、また温泉に行った時の風呂上りに最適かな。。。
edokomichi.JPG
江戸の町並みを再現したような「江戸-小路」
planet.JPG
5Fには、話題のプラネタリウム、ここは上映時間以外は隣接のPRONTOで買ったコーヒーや軽食を持ち込んで360度の映像を楽しみながら無料で時間をつぶせます。(国際線ビルにはまだカードラウンジが無いのです)
そんな私も朝早かったのでサンドイッチとコーヒーで時間調整をしました。(一般のPRONTO価格です)
haneda airplane.JPG
そして、空港見学と言えばやはり展望デッキですね[飛行機]
東京も徐々にマンハッタンのように見えてきましたその中にはスカイツリーも。。。

余談:
午前便ですと朝食に悩みますが江戸-小路のお店では朝食メニューが結構充実しています。



韓国旅行 [ソウル]

2年ぶりのソウル旅行
今回は先に行っている妻と合流するという初のパターンです。
私は成田のラルフローレンで買い物をしようと思い成田発の便を選択しましたがやはり新製品は出ていませんね。
という事で今後のソウル旅行は羽田便を選択する事にしましょう!
バスストップ.jpg

今回のソウル旅行は「ゆっくりのんびり」というテーマでホテル選びは、スポーツジム、風呂、サウナ、クラブルームという条件で探し該当したのが今回の宿となったThe RITZ CARLTONです。
仁川空港からKALのリムジンバスが直通(14000w)で行っているので便利(ホテルの車寄せまで入ります)です。

バス中.jpg
高級リムジンってガイドブックには載っていますがチョットゆったりしたただのバスです。
RITZ.jpg


ソウルは事の他坂が多い街でした。
このホテルが建っている場所も高台になっているようで地下鉄の江南駅方面から歩いてくると、とっても急な坂道を登らなくてはいけません。(初日に地下鉄で来ようという人には向きません)

さてソウルに来たからにはヤハリ焼肉ですか・・・?
ここソウルの焼肉は豚肉が主流のようです。という事で今夜はブタプルコギの美味しいというセマウルシッタンという店(ホテルから歩いて5分位かな)に来ました。
セマウルシッタン外観.jpg
セマウルシッタン.jpg
ブタプルコギ.jpg
二人でビール飲んで2300円なり~!

今回で3回目のソウルですのでまだ行った事が無い東大門市場に行って見ました。
屋台.jpg

アジアはどこにでもある屋台の風景です、市場の周りには沢山の屋台が出ています。
東大門市場は、「靴」「下着」「洋服」「皮製品」「文房具」などなどジャンル毎に分かれているようです。
ここはアメ横と同じ規模ですが延々と靴屋です。妻はその一角のビルの中にある皮屋さんで表革のジャケットとムートンのハーフコートを買いました。(ソウルは3回目ですが初めて得した気分になりました)TOKIOの山口君がテレビ番組で紹介した店です、季節外れでしたのでディスカウントも凄かった[手(チョキ)]
東大門市場02.jpg

今回の旅行テーマは韓国グルメとノンビリホテルライフです。
朝はここで朝食、昼はケーキ&コーヒー、夕方は出動前に軽~く一杯、寝る前には夜景を楽しみながらルームサービスでシャンパーン。。。こんな毎日です。
クラブルーム.jpg
夜景01.jpg
こんな毎日ではメタボになってしまいます[ふらふら]
そこで私のホテル選定ポイントはジムとプールとサウナが必須アイテムです。
本当は一日の終りに泳いでってのがカロリー消費にはいいんでしょうがさすがに酔っ払っていては危ないですので朝起きたら1500m泳いでサウナで更に汗を流しヒゲを剃って朝食をいただきます。
ここの設備は広さもサービスも申し分ないレベルだと思います。
ただやはり現地の方のマナーレベルには閉口しますがね。。。まぁこのアタリは日本も含めアジアぁ~ですね[ちっ(怒った顔)][むかっ(怒り)]
プール01.jpg
風呂.jpg
パウダールーム.jpg

なんちゃってカントリー [ソウル]

2年ぶりにソウルでグルメマッタリしてきました。 今回は江南地区のThe RITZ-CARLTONのクラブルームを利用しました。 専用のラウンジやスポーツジムが利用でき朝昼晩と簡単な食事と飲み物をとることができます。 朝はスポーツジムのプールで1500m泳ぎサウナでタップリと汗をかいてクラブラウンジ ゆっくりめの朝食をとり、部屋に戻ってまったりします、夕方はまたラウンジに行き繰り出す前に一杯ひっかけて今宵は何を食すか戦略を練ります。 ここはこれと言って観光する場所もないので余計にゆっくりできるのかな~クセになりそうです。 江南地区はここ数年でビジネス街からショッピング街に変貌したようでアックジョンほどでは無いですがお洒落な店がとっても増えています。 さてここにある車はなんという名前かな・・・どこかで見たようなカンジしませんか? Benz.jpg Benz2.jpg ちょっと前に開催されたお隣の国のモーターショーでも話題になりましたがアジアは日本も含めコピーの天才ですね。日本も1960年代までは同じレベルだったような気がしますが、その頃と今では情報の伝達速度が比べようにないのでチョットもうヤバイでしょ・・・って気になります。 LV.jpg さて南大門市場や東大門市場ならば致し方が無いと思いますが、ビジネスマンと比較的文化的な人達が行きかう江南地区ならば・・・店の構えもモダンな立派なシューズショップを見つけ(靴は安いと聞いていた)、掘り出し物は無いかと探していたらクラークスのNATALIEがありました。 オルマエヨ?(いくらですか?) 30%ヒキマ~ス(まだ聞いていないヨ) 日本円にすると12000円前後・・・これは買いです!日本価格の60%程度です。 さっそく試着してみましたが、どうも履き心地が違います。 チュウェソンハムニダ ト オゲッスムニダ(ごめんなさい、また来ます) 街中の小奇麗な店構えでも○○モンが売られているのです。 この国では買い物はしてはいけませんね。。。ハッハッハ~[exclamation×2] Mark2.jpg
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
ソウル ブログトップ